一膳は一膳でも人それぞれに量が違うご飯

長かった夏も往き、朝夕冷え込むようになってきましたね。
食べ物が美味しく感じられるようになりました。
ダイエットには厳しい時期かもしれませんね。
そんなときでも一日に250kcal、ご飯なら普通盛で1膳分を
三回に分けてだったら減らせるような気がしませんか?

どうやって?
まずは早食いをしないように気をつけます。
満腹感が得られるのに20〜30分はかかるので 
ゆっくり噛んで食べるようにします。

「ひと口入れたら30回噛む」
よく耳にする言葉ですが
唾液がよく混ざって消化吸収されやすくなるので
血液中にブドウ糖が送られやすくなって
満腹感が得られやすくなるのだそうです。

個人的には「満たされている 満たされている」というメッセージを
全身に送っているという感じですが・・・。

30回が難しかったら、最初はひと口入れるたびに
お箸を一旦置くということから始めると
次第にゆっくり食べる習慣ができてくるようです。

他にも早食いを防ぐには
噛み応えのある料理を添えることや
会話を楽しみながら食べるなどの方法があります。

続けられることを見つけて
食習慣を変えてゆけたらいいですね。

早く満腹感を感じられるようになれば
1日にご飯一膳分のカロリーを減らすのも
それほど辛くはないかもしれません。

--------------------------------------------
ご飯抜きダイエットではありませんのでご注意ください。
それぞれにお茶碗もまちまちなので
いつも食べている1膳は何グラムなのかを知ることも大切だと思います。
ご飯で100グラム当たりは168kcalで
大きな茶碗なら一膳はおおよそ220gとすると370kcal
おかゆ(全かゆ、精白米20g相当量を含む)は100g当たり71kcal、
量を減らせないなら、おかゆにするだけでもカロリーは抑えられます。
【ダイエットの最新記事】
posted by だいえっとりん | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。